index

  • ラコスケが語る哲学なひとことのまとめ。
  • 整理はコメントの1文字目です。

あ行

整理ひとこと
愛想笑いも
してもらえるうちが 花である
愛とは
理解できぬものを
理解しないでおく事である
愛に迷う事で
本当の愛を知るならば、
いくらでも 迷えば良い
愛らしい天使のせなかには
もうきん類の 羽根が生えている
赤いドアが開けば
緑のドアは閉まる
あくまを
ゆううつにするのは
人間だけである
アタマのツボは
足のウラにある
新しさとは
終わりの始まりである
穴埋めをするために
自ら 穴をほるのが
人間である
雨があがれば 目は開く
あやまらない事が
プライドではない
頭を下げた後に
残る物がプライドである
怒りあるところに シワあり
生き様とは
好みの りれきである
生きている証だと思えば
いたみも 悪いものではない
息の続く限り
人は生きていける
いくら 投げても
両方表のコインでは
幸運は 引きよせられない
池に うかんで
ふりょくを知る事もある
一流が 好きだと
むねをはって言える人は
一流である
一発屋と
ベテランのちがいとは、
流行が 回帰する事を
理解しているかである
移動とは ココロの
移行期間である
今は 今しか存在しない
入れかえるたびに
中身は 少しずつ
減るものである
後ろめたい事が
ある人同士は、
強いキズナで結ばれる
ウソつきは
  大人の始まりである*1
うばう事を目的に
助ける者もいる
笑顔は 笑顔である
ひきつっていても
追い出されそうに なったら
新聞記者だと 名乗るべし
大きなビルは
黒く大きな かげを作る
おかしの あまさだけが
世界は 1つかもしれないと
感じさせてくれる
お金は
くずした とたんに
無くなるものである
お金を使う才能と
お金をかせぐ才能は
両立しない
教える事とは
共に 学ぶ事でもある
男とは しゅっちょうの日
いつもより ハデなパンツを
はきたくなる 生き物である
落とし穴は
しかけた場所を
覚えておかなければ 意味が無い
オトナと 子供の会話とは
わからん人間には
一生わからん会話である
思い切って 捨てた物は
よくじつ 必要になる
思いやりのない人間ほど
思いやりのない人間をきらう
オモテのオモテは
ウラでは ありえない
親の いぬ間に
子は 夢を見る
泳いでいる時なら
いくら雨が ふっても
かまわないものである
終わりから 読んでいく方が
面白い本もある
終わりを けいけんするたび
人は 大人に
近づいていくものである

か行

整理ひとこと
ガードレールが 自分を
守ってくれるわけではない
階級とは 服である
会話とは
こちらで 聞いたことを
あちらで言うゲームである
カエルは
カエルの子ではない
オタマジャクシが
カエルの子である
過去へ帰る方法とは
目を閉じる事である
風がふけば ホコリがまう
カタチの 無い物は
手で つかまず
口で 捕まえよ
カナリアと 名乗ったからには
歌ってみせるのが
れいぎである
金には 足が生えている
シッポもある
借りた服なら
いくらでも よごせるものである
がんばっている人に対して
「がんばれ」と
言ってはいけない
木が生えぬ 土地では
草が 木と呼ばれる
きせきに 気付いたら
それは きせきである
ギャンブルの快楽とは
失う事である
休日とは
いつもと 少しだけちがう
きっぷを買う事である
共生とは ゴキブリと
一つ屋根の下で
くらしている事でもある
きょうふとは
自分の中から
やってくるものである
「協力してくれ」と
きょうはく されても
協力する気には なれない
ぐうぜんの中の
わずかな ちつじょが
数学である
ぐうぜんを
かんりする 器械とは
サイコロである
組み立てた物を
外から 持ち込むより
中で組み立てた方が速い
くもった 窓を
そのままにしておくのが
恋の道である
黒いホワイトソースとは
結局、何色なのだろうか
黒ネコなら
夜になるまで
待つのが スジである
計画は ちみつに
立てれば 立てるほど
実行できないものである
けいたい電話を ひんぱんに
チェックしている人ほど、
こどくである
消しゴムは
使い切る前に ふんしつする
現実から
ぐうぜんをはいじょした物が
物語である
幸福すら
わずらわしいと思うのが
幸福の証明である
ココロとは コスチュームの
ふぞくひんである
個人だけは 常に
デモクラシーである
ごちそうを 包んで
ハラをかくさず

さ行

整理ひとこと
才能より
けんりの方が 上である
さまざまな物を見るよりは
さまざまな 見方を
身につけた方が 良いだろう
幸せな人のところに
幸せは 集まる
花に 集まる
ちょうのように・・・
時間をかけて さしたトゲほど
抜きにくいものである
じしょとは
続かない会話のような
ものである
自然体で 生きようと
すればするほど
自然体から はなれていく
シチューを につめている時
声を出してはいけない
しつもんとは
こうげきする事ではない
シットも
恋愛の 1つの形である
実力とは かくりつである
実力とは
ぐうぜん はっきされる
運せいのパワーである
自分自身に 勝つとは
自分自身に 負ける事である
自分でも
理解していないことを
語るから 手に負えない
 
それが てつがくである
自分とはなにか?
好きに なるには
キケンだが、
キライに なるには
ばかばかしいものである
自分のために
子守歌を歌いたいほど
ねむれない夜もある
自分の持つ 残り時間は
今、この しゅんかんも
減り続けているのである
しゅうかんとは
ぬぐ事のできない下着である
自由とは
フレームを取り払ったとたん
何も できなくなる事である
上下かんで
注文した 本は、
下かんから 届くものである
商売人の正直は
あらかじめ 5わり引きである
勝利をゆずる
親切心を学べば
負けても くやしくはない
食事中の顔こそ
真実の顔である
真実は にごった
ぬまの底に あった方が
ありがたみが増す
人生とは
穴の開いたバケツで
水をくみ続ける事である
人生に
リセットボタンは 無い
コンティニューは ある
人生は
自分につけられた 名前への
コンプレックスで 決まる
真の まずしさを知る事は
財を得る事より
むしろ むずかしい
信用できない者に
「君を信用できない」と
打ち明けるのは キケンである
スープのこい部分は
一番底に たまっている
好きの反対は「キライ」
キライの反対は
「どうでもいい」である
スズメは スズメと
共に 飛ぶものである
ストレスも 時に
ごくじょうのスパイスである
スプーンが
最も かがやくのは
食事の直前である
せいぎも 悪も
きょうはん者である事には
変わりない
世界の中心は
自分自身である
せきにんとは
フタを開けてしまった後の
しょりの事である
絶対音感よりも
相対音感の方が
友達は 多そうである
そこにあるのならば
そこに 置いたままにしておくのが
一番良い

た行

整理ひとこと
ダイズの大きさに 大差はない
たいせんゲームで
リセットボタンを 押す事は、
負けを 認める事に等しい
たいていの場合
最初の人が
最後の人になる
大は 小をかねず
クギ抜きで
トゲを抜く事はできない
台風が カーブ回転でも
シュート回転でも
ひがいは 変わらない
ダイヤモンドを切るための
ダイヤモンドも存在する
正しい事は
小声で言わないとケガをする
たとえ 何であれ
たやすいものである
心の中では・・・
他人の家を
訪れている間は
その家の者に なりきるべし
他人の言葉を
そのまま 引用するより
まちがえて 引用する方が
高度なテクニックである
他人は がっかりするほど
見てくれないわけではないが
期待するほどは見てくれない
旅の間に
食べごろになるリンゴもあれば
くさるナシもある
食べた事のない人に
アボガドの味を説明するのは
むなしいものである
ため息をつくためだけに
こうちゃを飲むのも 悪くない
小さな事が
できない人間に
大きな事は できない
チーズは
ミルクに もどらない
力の入った 笑顔ほど
強力な おどしは無い
ちっぽけなノミの1ぴきにも
かげは 存在する
ちらかした 本人にとって
それはベストポジションである
つばさが あっても
鳥が 地面を走る
自由は 存在する
つまらない物を
売るためには
高いねだんをつけよ
ツメと歯は 誰もが
平等にそなえた ぶきである
手書き以外の 文しょうは
不思議と どくぜつに
なりがちである
手紙の ほんしつは
ポストに入れてから 届くまでの
時の へだたりである
的確な クエスチョンは
アンサーよりも
思いつかないものである
敵は 他の星から
せめてくるわけでも
海を渡ってくるわけでもない
同じ部屋の中にいる
手すりに つかまらずに
かいだんを下りるのも
勇気といえば 勇気である
手すりに またがったとたん
わいてくる 勇気もある
手っ取り早く
友となるため
重ねるグラスもある
天才とは 一時の
はやり病である
電話の 良いところは
話している 相手の
表情が見えない事である
どうしても 言いたい事なら
むしろ 明日言った方が良い
ときめきを 感じるたびに
初めての気持ちだと思いたがる
年上の男性、
年上の女性とは
つまるところ 父と母である
トシおいた 犬が
心の底から ほえるのは
ハラが 減った時だけである
友と 知り合いの間に
海よりも 深いミゾがある
ドライフラワーも
かれるならば 美しい
努力した わかもののため
オノに できるのは
  金メッキを まとう事である*2
努力せずとも
根性が 無くても
虫歯だけは 見つけられる
ドリルのように
相手の心を
えぐる舌もある
どれほど 努力していても
天才という言葉で
くくりたがるものである
問われたければ
まず 答えるべきである
問われる前に 答えれば
トラブルは 防げる
どんな ガラクタでも、
長く 持ち続ければ
価値が出る
どんなに 雨がふっても
海の えんぶんのうどは
うすまらない
トンビがカラスを生む事で
世の中の平和が 保たれる

な行

整理ひとこと
長く住んだ場所を
ふるさとと 呼ぶのは
あながち まちがっていない
泣く事も 笑う事も
えいえんには
続けられないものである
ナチュラルを
売りにする物は たいてい
人工的な物である
何かを得ようとする事は
何かを失う事だ
なみだの 成分は
流した なみだの種類による
似たような物ではあるが
ねむりは しぬ事より
エレガントである
人間とは
考える分子である
ねている人間を起こして
すいみん薬を飲ませるのは
親切と言わない
ねぼうした時ほど、
目覚めは良い
ねむったフリをするならば
てきどなイビキは
やはり 必要である
ねむれぬ夜の すいまは、
朝になって やってくる
ねる前に いくら
考え事をしても
解決には つながらない
のぼり方を いくらくふうしても
かいだんは かいだんである

は行

整理ひとこと
歯が 舌をかんだとしても
悪意が あったとは限らない
パジャマにさえ 着がえれば
人は どこへでも行ける
バスルームの
はいすいこうに 流れていくのは
過去の自分である
パスを 要求する人ほど
ボールを 回さない
話しかける 優しさもあれば
そっとしておく 優しさもある
花びらは 仮の姿
真の姿は
土中に 広がっている
羽根も つもれば
まくらとなり ふとんとなる
光より速いのは
人のウワサだけである
低い木より
高い木の方が
あっけなく たおれるものである
ビスケットしか 食べなくても
大人「には」 なれる
必然とは ひとりよがりの
とうたつ点である
ビデオにとった 番組ほど
なぜか 観ないものである
一つ屋根の下に
くらす者同士でも
サイフだけは 別である
人の せおっている物は
せなかだけ見ても 分からない
人は 6番目に好きな
食べ物を たずねられても、
すぐには 答えられない
人は
考えた通りには
行動せず、
行動した通りに
考えるものである
人は
知りたいことしか
知りたくないものである
人は 他人を通じて
自らを知る
人は 不可能から
可能を学ぶ生き物である
人をうたがうならば
ゆうやみの中で
考えてはいけない
人をしはいするよりも
まずは 自分を
しはいするべきである
人をにくむ人間が
本当に にくんでいるのは
自分自身である
昼間は ねむっているが
夜になると 目覚めるのが
いたみである
ふけば 飛ぶような
プライドだけが
役に立つプライドである
フクシュウは
忘れたころにせよ
物体に 形のある限り
マサツは 生じるものである
冬の風は 女心
夏の雨は 男心である
ぶんせきとは
細かく分ける事ではなく、
たんじゅん化する事である
勉強とは
机と れいぞうことの間を
おうふくする事ではない
ぼうきゃくは
きおくよりも
高度なテクニックである
宝石も みがきすぎれば
  キズがつくモノである*3
宝石も
みがきすぎれば
キズつくものである
ほめたとたんに
過ちをおかすのが
人間の愛らしさである
本当に かしこい者は
三歩進んで
二歩さがったフリをする
本当に 重要な事は、
きんきゅうを 要しない

ま行

整理ひとこと
負けたくないなら
勝つまで 続ければ
良いだけの話である
全く 無いより
ちゅうとはんぱに あった方が
良いのが かみの毛である
まったんに ある物が
物の形を決めている
周りの人に
どう見られているか
知りたければ 写真を見よ
見えない物を
敵に したがるのは
人間だけである
見れば迷い
見なければ
信じられないものである
無知の中では
マシな 部類にある物を
ガクシキと呼ぶ
目を閉じて 食しても
カレーはカレーである
持っていても
見ない方が良いのが
時計である
求めるならば
手のひらの上に
手のひらを そえると良い
モリが 少なければ
すみやかに おかわりをせよ

や行

整理ひとこと
やさしい仕事を
ていねいに 仕上げるより
むずかしい仕事を 雑に
こなす方が やさしい
やわらかさとは 本来
手に 負えないものである
夢から生まれた物は
ふたたび 夢の中に
帰るものである
夢の中の 見知らぬ人物は
未来の自分である
ユメと現実とは
カゼと薬の かんけいである
良いウワサには
カセが はめられており
悪いウワサには
つばさが 生えているものである
夜ふけに
鏡をながめるのは
おそろしい事である
夜は
ロープをヘビに見せる・・・

ら行

整理ひとこと
ランナーの表情を
見る事ができるのは
ランナーだけである
リスの ほおぶくろに
つまっているのは
愛と にくしみである
理想とは
アウトレットである
理想とは
さばくに うえたばかりの
いちりんの 花である
料理中の 味見を
マンキツしては いけない
リンゴをかじる しゅんかん、
地球という 果物に
住みついた虫たちの事を思う
ルールが 無ければ
良いと言う者ほど
自分でルールを作りたがる
れきしとは
自分が 生まれていなかった
時代の事である
恋愛とは
やみの中を ききとして
歩む事である

わ行・英数字

整理ひとこと
ワシをトンビと 呼ぶ国もある
忘れたくないほど
大事なコトならば
ノートにとっては いけない
笑いは
幸福と ひまんをもたらす
1を聞いて10を知り、
100を忘れる
100のリクツを
打ち負かす物は
ゲンコツである
365回の 失敗が
1年を経過させる


*1 ラコスケのしゃしんをくれる際に言うセリフ。
*2 きんのオノをくれる際に言うセリフ。
*3 あたし系がラコスケに言われたというセリフ。ラコスケから直接聞く事も出来る。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-04-05 (土) 12:14:35 (4061d)