ミント(Mint)

多用途でメジャーなハーブ。メントールが抽出できる。

ミントの説明

ミント(Mint)はシソ科ハッカ属の多年草の総称。名はギリシャ神話に登場するニンフのメンテに由来する。和名はハッカ(薄荷)。

ハーブとして料理や菓子、薬用酒などの材料となるほか、精油(エッセンシャルオイル)は香料として食品や歯磨き粉に添加されたり、アロマテラピーに用いられる。また、成分として含まれるメントールを抽出する。

メントールはミントの爽快味、冷涼感の主体となる成分である。モロッコでは緑茶と生のミントを混ぜたお茶を飲む。

学名や産地

ミントの効能

お手軽に摂れるお薦めミント

サノフロール エッセンシャルオイル ペパーミント

サノフロール社の高品質エッセンシャルオイル。ペパーミントはオレンジ色のラベルカラー。忙しい仕事の合間の気分転換などおすすめの香りです。

・本サイトを利用する場合は、「ハーブ総合情報」のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

ラベンダー

Copyright © 2005 ハーブ総合情報. All Rights Reserved.