ハーブ総合情報

様々な効能があるハーブ。料理やお茶、アロマオイルなどにも使われています。

ハーブとは?

ハーブ(herb)とは、元来はラテン語で草本性の植物、つまり草木の事を言いますが、一般にはヨーロッパで薬用やスパイス等として有用な草全般の事を言います。

簡単に言えば、人々に役立つ植物すべてだと思ってもらえれば良いかと思います。

たとえば唐辛子やブラックペッパー等の調味用や薬用に小量使われる草もハーブと呼ばれていますし、香料のような使い方やリラックスのためのアロマオイルも、その一つですね。

最も身近なもので言えばハーブティーが一番分かりやすいでしょう。

更に、フィーバーフュー(マトリカリア)のように一般的な植物名とは別に、ハーブとして利用する時に使用される固有の名前を持つものも多い。

ハーブには効能の強い物もあり、フィーバーフューなどは偏頭痛の緩和に良く使用されています。

このような使い方をするものを、特にメディカルハーブと言う呼ぶ場合があります。

メディカルハーブは生活習慣病に有効だと言われていて、糖尿病や高血圧の症状を改善してくれるものもあります。

最近ではペット用のハーブまで発売されています。

ハーブの効能

効能のある各種植物全般をハーブと呼びます。

薬用と謳われるハーブの中には、効能が強過ぎるものもあるので、利用には注意が必要です。

ハーブはまた食材として味付け、香り付けにも使われたり、お茶(ハーブティー)として使われたりしています。香りを利用する方法としてはポプリや精油等として使われています。

香りの持つ効能も知られており、現在ではアロマテラピーの中で利用されたりする。詳しくは、ハーブの上手な摂り方を参考にして下さい。

また、各種料理用、薬用ハーブの一覧も参考にして下さい。

ハーブの歴史と文化

古くから一般的に使用されてきたハーブの歴史について。

その歴史は古くて、ヨーロッパでキリスト教の発祥以前から使われており、ヨーロッパのキリスト教以前の宗教との繋がりが深いと思われます。

現在でも、ハーブが庭に生い茂っている家に住む人や、ハーブに造詣が深い人を指して尊敬を込めて、ハーバリストやハーバルセラピストと呼ぶ事があります。

ヨーロッパ中世を襲ったペスト(黒死病)の蔓延を救ったのも、ハーブの知識とされ、例えば、セージやマジョラム、ローズマリーなどを酢に漬けておいたものを飲んだり、身体につけるとペストの感染を防ぐとされた。

現在になってからの研究によるとこれらのハーブは抗酸化作用が強く、免疫力アップする効能が分かっています。

ハーブの知識は、ローマから距離的に離れなおかつローマ教会(カトリック)の影響の少ないイギリスに残った。現在もイギリスではハーブガーデンを始めとしたハーブの知識が多く、イギリスから現在のヨーロッパやアメリカにハーブの知識が輸出されています。

またヨーロッパで培われたハーブの知識は、アメリカ移民の手で原アメリカ人にも伝えられ、原アメリカ人が使うハーブにはヨーロッパを原産とするセージが含まれていたりします。

ハーブの育て方。

ハーブはキッチンに鉢を置いて簡単に栽培できる物もたくさんあります。

ミントやタイム等のハーブは育て方が簡単で、水を与えるだけでも育ちますので、台所に小さい鉢植えを置いて育てると言うのも良いでしょう。

虫除けの為にクローブを育てるのも良いでしょう。漢方薬に使われる種は、専門の知識が必要な物が多いです。

ハーブには効能があります。

効能と言っても、基本的に薬のように強い効能がある訳ではありませんが、心を落ち着かせたり、目覚めをよくしたり、抗酸化力がある物など、数多くの種類があり様々です。

ハーブティーやアロマオイル、燻して煙から摂取する事も出来ます。

食用ハーブもたくさん種類があります。

サフランや、ミント等は一般的に食用として多くのレシピで用いられています。独特の香りと色で、料理の色づけに用いられます。ブイヤベースやパエリアには欠かせないハーブです。

ミントはガムやお菓子などの食品だけでなく、歯磨き粉や発毛剤などにも添加されています。アロマテラピーに多く用いられる。成分としてメントールが含まれるが、ミントの爽快感、冷涼感はこの成分です。育て方が簡単なのでキッチンでも育てられます。

タイムはシソ科のハーブで、カレーのスパイスにも使われています。肉にローズマリーをまぶすと、肉の鮮度を保たれ、腐りにくくなります。

眠れない時にはカモミールやラベンダー等をブレンドしてハーブティーにすると寝付きが良くなります。

ハーブで花粉症対策。

年々花粉症でつらい思いをする人が増えてきているそうですが、花粉症対策にハーブを紹介するケースが増えています。

副作用も少なくナチュラルな効き目で体に優しい対策であることは間違いありません。アレルギー体質を改善するような感じで、日々の積み重ねで花粉に強い身体を作っていきませんか。

デトックス (Detox) とは、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法。この呼び名は、detoxification 、つまり「(体内から毒素や老廃物を)取り除く」、「解毒」の短縮形。

食用バラの花弁を摂取する事によって、体内の毒素を出す健康法がブームになっている。ローズヒップ(バラの果実)も同様な効果があるとされる。

ハーブティーでリフレッシュ

ハーブは様々な効能を持つとされ、ハーブティーはその効果を簡単に享受できる一手段として用いられる。と、同時に、よい香りやきれいな色を楽しむために飲む人も多い。この節では、代表的な5つのハーブティーにあるとされる効能を調べてみました。

ローズヒップティーの効能
ビタミンCを大量に補給できるとされ、ビタミンCを大量に消耗するスモーカーや美容によい。
ペパーミントティーの効能
清涼感があり、二日酔いや船酔いに効く。
タイムの効能
殺菌力があり、インフルエンザ予防や炎症に効く。
カモミールティーの効能
不眠症など神経症に効能がある。
セント・ジョーンズ・ワートの効能
軽から中程度のうつ病に効果があるとされる説がある。

これ以外にもレモングラス、シナモン、ラベンダー、ローズマリーなど各種のハーブティーが専門店でも市販されており、数種類のハーブをブレンドしたものもある。

なお、摂取すると人体に有害な成分をもつ場合、医薬品と同時に摂取すると副作用を生じる場合、成分による食物アレルギーを発症する場合もあるので、持病や体調不良などで医師にかかっている場合には飲用を申し出た方がよい。

注意事項と免責事項

・本サイト内の効能等は一般的な情報で、保証するものではありません。

・本サイトの情報からハーブなどを選ばれる際は、必ず信頼できる文献を再度確認の上でご利用ください。

・本サイトの内容によって生じたトラブル等について、一切の責任は負いません。

スポンサードリンク

Copyright © 「ハーブ総合情報」 All rights reserved.